離婚回避 話し合い タイミング

 

妻とよりを戻し離婚回避するには、どんな方法やタイミングで向き合えばいいのでしょうか。
それでも別居をしている夫婦には、既に離婚の話が出ていることでしょう。

 

別々の生活で暮らしているのなら、以前のような夫婦関係に戻るにはある程度の時間が必要です。
お互いに冷静になれる冷却期間というのがあります。

 

何事も時間が解決してくれるともいいますが、ぶっちゃけ脳の忘却する仕組みを利用するのです。

 

離婚したい、別れたいなど嫌いになって顔も見たくないという時間があるかと思います。
一人になってよく考えてみたい、自分と向き合いたいなど感じるかもしれません。

 

時間が経つと嫌なことの記憶が薄れてきて、なぜか良かったころの記憶がよみがえり全体的にマイナスからプラマイゼロくらいの気持ちになるでしょう。。

 

もちろんどんなことで別れたくなったかの原因によるかと思いますが、必ずしもこのとおりではありませんが一般的な目安というものがあります。

 

  • マンネリや喧嘩が原因の場合 2〜3か月
  • 夫が不倫して別居の場合 1か月〜1年

 

基本的に人は変われないものです。

 

「悪いところも許せる気持ち」、「相手に多くを期待しない」などの心持ちで乗り越えられる可能性はあるでしょう。

 

 

今の時代、このまま離婚してしまうのかと不安な気持ちで過ごしている方も多です。

 

どちらか一方でも復縁したいという気持ちを持っていれば、復縁は目指せるものです。

 

だからといって、すぐにでも復縁したい焦ってしまうというのはよくありません。

 

みんながみんな離婚を望んでいるわけではありません。

 

女性であれば穏便に済ませたいという気持ちが土台にあるものです。

 

ホントに復縁し離婚回避したいのであれば、お互いに冷静さを取り戻し、自分を見つめ直したりする冷却期間がやはり必要です。

 

離婚回避の話し合いのタイミングは冷却期間の頃合いは見て何気ない挨拶や会話で様子見したほうがいいかもしれません。

 

\どん底にいる夫を救える唯一無二の方法/

今なら特典付き
  1. 妻への手紙サンプル、手紙の添削
  2. 特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法」
  3. 「地雷言動」チェック表

 

このページの先頭へ戻る