メスを入れないプチ整形は自然でリーズナブル!

二重整形後の二重まぶたの腫れる期間はどれくらい?

一重まぶたの女子は二重まぶたに憧れを抱く時期が必ずあるのではないでしょうか。若い子の間ではアイプチを駆使した整形メイクが流行っていますが、最近では実際に二重整形の手術を受ける方も少なくないです。

しかし、気になるのは手術後のまぶたの腫れですよね。二重まぶたにはなりたいけれど、人にはバレたくないというのが乙女心というものです。腫れの程度、期間はその手術法によってかなり差がありますが、まぶたを切らない埋没法であれば目立たなくなるまでに1週間ぐらいでしょう。

もちろん完全に普通の状態になるまでには1か月以上かかる方もいますが、メイクは次の日から可能なのでごまかしがききます。まさにプチ整形とあるだけあって、手軽にできるのが埋没法ですね。

ローン利用で二重まぶたになる二重整形を受ける

どうしても諦める事ができず、二重まぶたになる二重整形を受けたいが、すぐに一括で手術費用の支払いを行う事が難しいと思われる場合には、ローンが活用できる事もある様です。ローン利用で二重まぶたになる二重整形を受ける事ができれば、すぐに手術を受ける事も可能ではないでしょうか。

二重まぶたになる二重整形を受けると言っても埋没法と、切開法では料金も違ってくると思われます。二重まぶたになる二重整形の中でも埋没法の方が、手術自体が簡単なため、手術費用も安い場合が多いみたいです。二重まぶたになる二重整形を受ける際に、費用のために断念を考慮している人は、ローン利用ができないか調べてみましょう。

美容整形(二重整形)後のまぶたの腫れ

美容整形で二重まぶたにする場合、手術の方法には種類があります。 まぶたにメスを入れる切開法と、糸で留める埋没法です。 この埋没法と呼ばれるものがいわゆるプチ整形であり、料金も抑えられ短時間で施術が終わることから二重整形へのハードルを低くしています。

手術そのものは数分で終わりますが、術後の腫れや、ごろごろした違和感は一週間ほど続きます。 痛みがある場合は、処方された鎮痛薬を飲むこともあります。 患部を清潔にし、医師の指示どおり目薬をさしていればだんだん慣れてきます。 二重の幅が落ち着くのはさらに先で、術後一か月と言われています。 比較的手軽な美容整形ですが、腫れるので長期休暇前に行うのがよいでしょう。

美容整形の二重整形でがらっと印象を変えてみましょう!

美容整形クリニックの二重整形では、切開法と埋没法の2つが特に人気の高い施術です。埋没法はメスを使わないプチ整形として人気で、短時間の施術で二重まぶたになれるのが魅力です。切開法は外科手術を必要とするので、埋没法より大掛かりな施術です。

好みの幅を作ることができるので、自由に目元をデザインできます。さらに、くっきりとした二重まぶたになれるだけでなく、まぶたの脂肪を除去することで、厚ぼったいまぶたをスッキリさせることができます。埋没法では糸が切れてしまう場合や、目元の印象をがらっと変えたい場合に向いている施術です。

二重整形は広さに注意したい

意外と幅広に二重にする女性が多くいて、後から失敗したと感じる場合があります。実は幅を広くすると、まぶたの食い込みが非常に大きく見えて、逆にイメージが悪くなります。二重整形では、バランスを考えて行うように、担当する医師は見ています。

場合によっては、行わなくてもいいことを告げて、考え直してもらうことも検討します。それでも行う場合、少しでも幅を広げない、自然なものに変えることを伝えます。明らかにおかしいイメージを持たれるだけでも、求めている整形と違うものになります。安心できる状況を作るため、医師も色々話をしているのです。

まぶたのたるみを改善した二重整形

年齢を重ねることで、まぶたのたるみが生じやすくなります。一重の方はより目が小さく感じられてくるものです。また二重の方もたるみが生じることで、二重の線がぼやけて重たい印象を与えてしまいます。

このような場合、美容整形ではまぶたの脂肪をとったり、余分な皮膚を取り除く施術がおこなわれます。要望があれば同時に二重整形にすることも可能です。また似たような症状で眼瞼下垂から生じている場合もありますので、その場合は形成外科クリニックや、対応している眼科であれば、保険適応で費用を抑えた施術が可能となります。事前にサイトなどを利用して確認しておくと良いでしょう。

二重整形、二重まぶたに関連する記事

美容整形案内

美容整形メニュー

美容整形について

二重整形、二重まぶた

鼻整形と隆鼻

豊胸手術

レーザー脱毛