メスを入れないプチ整形は自然でリーズナブル!

慎重に行う二重整形

二重整形を受けた後はまぶたに腫れている部分があったり、赤くなったり、または傷が目立つ事もあります。

その状態を見ると二重整形を受けたという事がすぐに分かってしまいます。

そのため、二重整形を受けた後しばらくはできるだけ人がたくさんいる所への外出は控えているという人もいます。

でも、仕事をしている人などは仕方がない場合もあるので、できるだけ長期的な休みを取る事ができる時に二重整形を受ける人もいるようです。

目に施す二重整形は顔の中でも目立つ部分に施す事になるので、手術を決定する時は慎重に行なった方がいいでしょう。

二重整形で二重まぶたになったモニター

美容外科のwebサイトを見ると、二重整形で二重まぶたになったモニターについて紹介されている事もあります。二重整形で二重まぶたになったモニターのビフォーとアフターの写真を比較してみると、どの様な手術を受けたのかという事がはっきりと分かります。

美容外科では二重整形で二重まぶたになるための手術は常に新しい手術法が積極的に行われている事もあります。そのため、二重整形で二重まぶたになりたいモニターを定期的に必要としている事もある様です。自分自身が二重整形で二重まぶたになる事ができる場合もあり、一般の利用客として受けるばかりではなくて、モニターとして受けるという方法もあるかと思われます。

美容整形の種類~二重整形の切開法~

美容外科で受けられる美容整形の中でも、特に人気なのが二重整形です。 一重まぶたや奥二重にコンプレックスを感じる方は多く、日々美容外科で施術を受ける患者さんは後を絶ちません。

二重を作る美容整形といっても、施術法には色々な種類があります。 中でもクッキリとした二重まぶたにしたいという場合は、切開法という施術法がおすすめです。 この施術法は瞼の皮膚をメスで切開し、縫合して二重のラインを作るのが特徴です。 幅の広い二重や、平行二重のラインも作れます。 また、まぶたの脂肪を除去できるので、目元をスッキリとした印象に変えてもくれます。

バレにくい美容整形の二重整形とは

日本人に多い一重まぶたは腫れぼったくて暗い性格の人と思われると答える方がとても多いです。最近は二重まぶたを作り出せる化粧品も登場していますが、美容整形で完璧な二重まぶたにした方がコスパもいいものです。

大阪にある美容整形外科「高須クリニック大阪院」では埋没法と呼ばれる二重整形術を取り入れており、年間施術件数で一番多い手術になっています。二重整形ではあるものの、あえて奥二重を作り出すので周囲に整形をしたとバレにくい特徴があります。ぱっちりとした二重よりも奥二重の方がまつげが外側に向くのでより大きな目に見える効果もあるのでお薦めです。

二重まぶたにするための二重整形とは

二重まぶたにするためには二つの方法があります。埋没法と切開法です。前者はまぶたに糸を通し、二重にします。腫れが少なく、糸を抜くことで元に戻すことも可能です。しかし万が一、糸が抜けてしまう可能性もはらんでいます。後者の切開法は切開することで二重にする二重整形です。

これは完全に切ってしまうので、元に戻りません。裏を返せば元に戻せないものでもあります。これらの手術は大阪や東京など多くのクリニックで行われているので、口コミなどを用いて比較検討してみてはいかがでしょうか。それぞれのクリニックで得意分野も違うので、そういった面を見るのも大事です。

二重整形による二重まぶたの特徴

二重まぶたに憧れる女性は多いでしょう。現在では、大阪でも、二重整形も比較的手軽に短時間で行えることもあり、人気の美容整形の一つでもあります。しかし、この二重整形、実は周りにバレてしまっているかもしれません。この手術の方法として埋没法と切開法があります。

いずれの方法も目を閉じたときに二重の線がはっきりと残ってしまう傾向がありますし、二重が不自然すぎる場合もあります。また、クシャッと笑ったときの目の周辺の表情にぎこちなさも残る場合があるようです。二重まぶたの整形を検討している人は、自分のまぶたの状態や術法の向き不向きなどをしっかり相談して、キレイな目元を手に入れたいですね。

二重整形、二重まぶたに関連する記事

美容整形案内

美容整形メニュー

美容整形について

二重整形、二重まぶた

鼻整形と隆鼻

豊胸手術

レーザー脱毛